今、この瞬間

広島に単身赴任中。仕事のついでに行った名所、名物やラーメン、映画、韓ドラなどを備忘録的に綴っています。
TOPスポンサー広告 ≫ 隠岐の島と後醍醐天皇TOP ≫ 隠岐の島と後醍醐天皇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

隠岐の島と後醍醐天皇

隠岐の島といえば、後鳥羽上皇や後醍醐天皇の配流地。しかし、その御在所は未だはっきりしないのだという。

隠岐は一つの島と思っている人が多いだろうが、丸い形の島後と、群島からなる島前の二つで出来ている。船なら1時間半ほどかかる距離。

島後の地元の人によると、二つの島は相互の行き来が薄い。松江との交流の方がずっと多いという。

島後の男が島前の女を嫁にもらうことはまずない。

ちなみに、女優の田中美佐子は島前の生まれ。


島後に隠岐国分寺がある。

奈良時代に聖武天皇が命じて建立したというから、相当古い。

(この頃にはすでに日本の領土と認知されていたのね。よかった、よかった!)

国分寺が後醍醐天皇の御在所だったとの言い伝えがある。観光パンフレットにはそう書かれている。





しかし、御在所は島前だという説が強いそう。後鳥羽上皇もしかり。

後醍醐天皇は隠岐から伯耆(鳥取)に脱出したのが史実とされる。しかし、潮の関係で、島前から伯耆に流れ着くことがあっても、島後からはありえないのだと、地元の事情通。


この石碑は近衛文麿の手による。場所を間違えたかもしれない。





スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

kazutami

Author:kazutami
広島に来て1年。旅に出ることが多い勤め人です。時々、出身地の北海道の話題も書きます。「今、この瞬間」とは女優ハ・ジウォンの座右の銘です。

最新トラックバック
FC2カウンター
POWERED
Design by おじば
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。